<< フェミニーナそして水と光 - ジョイス | main | ヴォーチェ、クラウヂア、ヴォーチェ - クラウヂア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Le Monde Musical De Baden Powell - Baden Powell


ブラジル人ギタリスト、作曲家のバーデン・パウエルが
フランスで録音し1964年に発表したアルバム。

ポール・モーリエ・オーケストラが参加しているのが3曲、
女性のスキャット入りが2曲ありますが
あくまでもギターが主役のインスト曲で
大ヒットした「Samba Triste」
「Berimbau」などの自作曲のほか、
ヴィニシウスの「Euridice」、
ジョビン「Garota De Ipanema」が収録されています。

以前取り上げたヴィニシウス&オデッチ・ララのアルバムは
パウエル作品だったのでこちらのアルバムとも
かぶっているのがいくつかありますが
その中の1曲「Deve Ser Amor」は
オデッチ・ララのボーカルものよりも
パウエルのギターインストバージョンの方が爽やかで好きです。

1.Deve Ser Amor
2.Choro Para Metronome
3.Adagio
4.Berimbau
5.Samba Em Preludio
6.Chanson D'Hiver
7.Samba Triste
8.Berceuse A Jussara
9.Prelude In C
10.Euridice
11.Bachiana
12.Garota De Ipanema
| CD | 10:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:50 | - | - |