<< ボサノーヴァにのせて - クレール・シュヴァリエ | main | フェミニーナそして水と光 - ジョイス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アナ・ルシア・カンタ・トリスチ - アナ・ルシア


幻のボサノバ歌手と言われる
アナ・ルシアの1964年発表のアルバム(国内盤)。

ジョビン、バーデン・パウエル、
ヴィニシウスなどの楽曲が収録されていて
サンバ・カンソンとボサノバが混ざり合ったような印象。
じっくりしっとりと歌い上げるタイプの歌声です。

1962年にセルメン、カルロス・リラ、ジョアン・ジルベルト、
ジョビンなどそうそうたるボサ界の大物達が集った
ボサの記念碑的コンサートが開かれたそうで
そのコンサートに参加していた謎の女性歌手がアナ・ルシア。
このアルバムを含め、3枚ほどアルバムが存在しているそうです。

1.愛しすぎて
2.うわさ
3.カリニョーゾ
4.最後の春
5.子守歌
6.ジス・キ・フイ・ポル・アイー
7.テン・ドー
8.エウリジセのワルツ
9.本当の男
10.海の青の日曜日
11.私の思いのすべて
12.波が揺れる
| CD | 22:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |